今日のおたすけ隊

壁紙(パソコンのです)。

2019年02月12日

今年が明けて早くも2ヶ月目。

ようやく壁紙が落ち着いてきました。
・・・パソコンのです。

昨年まで使っていたカレンダーの壁紙が終了してしまい、
年明け以来、新しい壁紙を探していました(パソコンのです)。

今年も2ヶ月め半ばに差し掛かろうという先週、
ようやく、気にならないけれど癒される(?)
壁紙を見つけました(パソコンのです)。

いつも目立たず当たり前にあるもののありがたさを
痛感した出来事でした

投稿者: あんどう 日時: 17:58 パーマリンク

ゆうきゅう の漢字

2019年02月08日

ゆうきゅうの話が良く出てきます。
いろんな情報をドルフィンで検索しますが、
何軒かひっかからないので、
スタッフに意識して変換してもらいたいためにも
改めて聞いてみた


「有給、有休どっちが正しい?」


さて?どちらでしょうか?

給与が有る「有給」が正しいです。


(年次有給休暇)
第39条  1.使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、
継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。


労働基準法より

今はパソコン等の自動変換時代ですから、
なかなか覚えませんよね。


ということで、社内での周知文などでも
気を付けて変換下さいね♪

投稿者: nakai 日時: 15:07 パーマリンク

日差しが強いです。

2019年02月04日

今日はとても日差しが強いです。
事務所内の観葉植物達も嬉しそうです。

51481000_393939954703418_556885184721453056_n.jpg

インスタもしています♪
e.team.3sofficial

☆☆第2木曜日 事務所見学会&オフィスの3S講習会開催☆☆
http://www.e-team.jp/business/consul/retiring.html

投稿者: hiramatu 日時: 13:07 パーマリンク

これはなんですか?

2019年02月01日

今日、お客様から数件問い合わせがありました。
と、うちにもやってきました。。
これか。。
51156296_389660925134874_1339029803411439616_n.jpg

これ10月に健康保険の扶養の認定事務(基本証明書が必要シリーズ)
が変わったやつやけど、なんでいまごろ?
しかも扶養の届け出書まで入っていて??

役所に問い合わせたところ、10月からの変更の周知がきちんとされたなったようで
返戻が多いため、再度、通知を行ったということです。(いまはこの問い合わせが多いらしいですが。。)

てことで、特に何もする必要はございません。
認定事務変更については当事務所ニュース10月号に
Q&Aのリンク
も含めお知らせしていますので
ご不明な方は今一度ご確認くださいね♪

投稿者: nakai 日時: 15:33 パーマリンク

追加給付かあ。。

2019年01月18日

あーあ。。とうとうこういうことになってしまった。
これでまた役所、忙しくなるだろうなあ。。。
後手は大変だ。。 効率化どころでないな。。
でも正直、賃金統計って作成する企業側も大変、
そもそもそれをもっと効率化できないのかなあ。。(独り言です)

それにしても、もしある日、追加給付されたとしても、
今は失業もしていないのに「??」って感じになららないのかな?

2004年8月以降に支給された雇用保険関係の給付に追加給付がある可能性があります

投稿者: nakai 日時: 21:11 パーマリンク

有給休暇いろいろ話

2019年01月15日

今年の4月1日以降に10日以上発生した有給休暇から、
5日以上の取得が義務付けされます。

・・・という話を、いろんな顧問先様にすると、

「うちは完全取得の風土があるから大丈夫」
「入社歴が浅いスタッフや年齢の若いスタッフにフォローが必要」
「有給休暇を取ろうという意識があまりないので、まずは呼びかける」
「事前に計画表に書いてもらわないと管理できない」
「休んだ人の代わりができる人を育てないといけない」

などなど、顧問先様の数だけ、さまざまな反応が返ってきます。

一般的に、長時間労働の従業員さんほど、
有給休暇の取得日数が少ないと言われています。

この機会に、いろんな立場の従業員さんを巻き込みながら、
有給休暇について、どんな意識を持っているか聞いてみるのも良いと思います。

☆事務所見学会のご案内はこちらから
http://www.e-team.jp/business/consul/retiring.html

投稿者: あんどう 日時: 13:15 パーマリンク

年末大掃除?

2018年12月26日

いよいよ今年も残すところあとわずか。

これから年末の大掃除に取り掛かる方も多いのではないでしょうか。

仲井事務所では、ここ何年か、年末大掃除をしていません。

・・・というのも、「整理・整頓・清掃(=3S)」に日々取り組んでいると、
わざわざ年末に大掃除をする必要がなくなるからです。

年末の忙しい時期に、掃除の心配をなくすことも、
働き方改革の一環かもしれません。

☆事務所見学会のご案内はこちらから
http://www.e-team.jp/business/consul/retiring.html

投稿者: あんどう 日時: 09:16 パーマリンク

毎年の年賀状。

2018年12月04日

早いもので、今年も残すところあと1ヶ月を切りましたね。

あちこちのお客様のところで、年賀状を印刷しなくては、という話題になります。

事業主さん自ら印刷するところ、
事務員さんが印刷して、事業主さんが一言添えるところ、
その作り方はさまざまですが、届いた年賀状には作り手それぞれの想いが感じられるように思います。

と、言いながら、私は年賀状を購入するところから始めなければなりません。。。
届く年賀状に負けないように頑張りたいと思います。

投稿者: あんどう 日時: 09:22 パーマリンク

年次有給休暇の取得システム

2018年11月30日

年末が近づくにつれ、
目先の年末調整と賞与試算で現場はバタバタしておりますが
経営者の方は少し先を見据えてか、有給休暇の管理の相談もぼちぼち来ています。
就業システムの方でも対応される予定ですが、
アナログ管理では
厚生労働省の方でハンドブックとして、いろんな書式例が紹介されています。
有給休暇システムの提案 有給休暇ハンドブック

ポイントは残管理ではなく取得管理であること
そして、計画的に取らせていくことから予定や計画が項目として必要になってくるかもしれません。
管理は見える化して社内で確認できるといいですね

投稿者: nakai 日時: 19:59 パーマリンク

働き方改革、なぜ今なのか?

2018年11月20日

先日、徳島県社会保険労務士会主催の「働き方改革 今、会社がやるべきこと」のセミナーに参加させて頂きました。
講師は東京大学講師の水町勇一郎先生。
働き方改革についてまだ全然意識がなかった私にも、わかりやすく衝撃のある内容でした。
そのセミナーの内容についてお話を小出しにしていこうと思います。

まず、なぜ、今、働き方改革なのか?
2つのりゆうがあります。①社会的側面 ②経済的側面

①社会的側面は、いままで続いてきた日本的雇用システムに大きな2つの問題点が生じているため
 (1)過重労働 (2)正規、非正規の格差
 切りやすい非正規を雇用し、正社員を雇用しないことにより
 それが今、正規、非正規の格差が生じていて、それは、結婚格差、教育格差を起こしている

②経済的側面
 アベノミクスは何を目的にしているのか?それは「成長と分配の好循環」
 成長したら、賃上げ、物を買う、するとまた成長するという循環を作るため

 1973オイルショックにより、原油価格が4倍に
 すると、輸入金額が大きくなる、国としてバランスをとるために、輸出を増やさなければならない
 自国の通貨価値を守るために
 日本国内で経済成長し、物価が高くなったものは海外では売りにくい
 そのため、コスト削減や引き締めを実施
 経済成長がとまり、物が売れない、賃金が上がらない、消費につながらない
 デフレスパイラルに陥る

 経済の上がっていることを示す数値に、失業者の数があります。
 今は求人倍率がいい、今は経済が向上しているということ。
 では、なぜアベノミクス成功していないのか、それは賃上げをしていないからです。
 だから、働き方改革
 最賃を上げる。5年後には日本平均が1000円になる予定です。

 改革は経済成長をしている間にしないと効果がありません。
 経済成長の終わりを予測することはできないが、今回の日本に限り、経済成長の終わりがわかっています。
 日本オリンピック
 そのため、それまでに改革する必要があるのです。

投稿者: hiramatu 日時: 16:10 パーマリンク

カテゴリー
akiyama[78 items]
ando[21 items]
hiramatu[87 items]
nakai[122 items]
shirai[2 items]
uehara[8 items]
最新のトラックバック
2019 02
         1 2
34 5 6 78 9
10 1112 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
検索

Powered by
Movable Type